診療科のご案内

アレルギー

  width="171"

アレルギー専門外来

アレルギー疾患の中でも特に食物アレルギーが専門です。
 
昭和62年より岐阜大学附属病院のアレルギー外来でアレルギーの診療と研究を始め、医学博士号も卵アレルギーの研究で取得しています。
 

特色

 
 近年アレルギー疾患に対する理解は大きく進歩し、それに伴い治療法も変わってきています。当科のアレルギー外来(毎週火曜日の午後)でも、このような変化に対応した診療を行っています。
 
 特に食物アレルギーの診療には、血液検査のみならず、食物負荷試験が重要です。しかし、この試験は時間がかかるうえに症状誘発のリスクがあるため、実施する施設はあまり多くありません。食物アレルギーでお困りの際は、この試験に充分な知識と経験を持つ当院小児科をご利用下さい。
 
 また、最近は治療として、経口減感作療法が注目を集めています。少量ずつ食べさせて時間をかけて耐性獲得(食べても症状が出ない状態)を目指す方法は、当科でも行うことができます。一方、大量に食べさせて短時間で耐性獲得を目指す方法もあります。こちらの治療をご希望の場合は、基礎的評価を実施後、しかるべき施設にご紹介しています。

主な症状

 
長引く咳、反復する喘鳴、呼吸障害、急性/慢性の湿疹・皮膚炎、紅斑、蕁麻疹、嘔吐、アナフィラキシー等

主な対象疾患

  気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、薬剤アレルギー等

担当医紹介

 
医師名・役職 専門・認定資格 趣味・モットーなど
副院長
先生 
しのだ しんじ
篠田 紳司
日本小児科学会小児科専門医
日本アレルギー学会専門医(小児科)
医学博士
 
音楽(少し歌いますが、主に聞くだけ)、魚釣り(海も川も)ゴルフ、山歩き、文学散歩、短歌作り等好きなことは比較的多いですが、「下手の横好き」という感じです。
 
     

 

外来担当医表(アレルギー/専門外来)

アレルギー/専門外来

 
平成25年8月1日~
診 療 科  
アレルギー 午後   篠田
※予約制
     
※予約をお願いします。