診療科のご案内

外科

 

外科

各患者様の治療方針はエビデンス(医学的証拠)やガイドラインに基づいて適切な治療が行われるようにしています。 
 

特色

 
外科では、頚部胸腹部内臓の外科的疾患、血管疾患、外傷、体表のおできや炎症などを扱っています。消化器外科(食道から肛門までの消化管の癌や炎症、肝臓・胆嚢・膵臓の癌や炎症、痔などの肛門疾患、鼠径ヘルニア等)を中心に、内分泌外科(乳癌、甲状腺癌、甲状腺良性腫瘍、バセドウ病、副甲状腺疾患、副腎疾患など)、血管外科(大動脈瘤、四肢動脈閉塞、下肢静脈瘤など)、呼吸器外科(肺腫瘍・気胸)を扱っています。
 
外傷は主に体表の外傷や胸部腹部の臓器外傷を扱っています。乳癌はマンモグラフィー読影専門医が3名おり、施設検診・診断・治療を行っています。心臓血管外科は岐阜大学病院の専門医が月に2回専門外来を行っており、大動脈瘤の手術も専門医に来ていただいて行っています。
 
また内視鏡手術にも力を入れており、胆石症、自然気胸、ヘルニア、胃・大腸・脾臓・副腎などでも積極的に行うようにしています。癌治療の中心は手術ですが、抗癌剤治療にも積極的に取り組んでいます。

主な症状

  体表の外傷(切った、腫れて膿んだ、咬まれた、火傷など)、腹部・胸部を打った、体表の発赤・痛み・しこり、頚部のしこり、乳房のしこりや痛み、腹痛、腹部のしこり、肛門からの出血、肛門の痛み、下肢の冷感・痛み、下肢の静脈の拡張

主な対象疾患

  胃癌、大腸癌、虫垂炎、腸閉塞、腹膜炎、胆石症、肝臓癌、胆嚢癌、胆管癌、膵癌、内痔核、痔ろう、鼠径ヘルニア、甲状腺癌、バセドウ病、副甲状腺機能亢進症、乳癌、腹部大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤、気胸、褥瘡

担当医紹介

 
医師名・役職 専門・認定資格 趣味・モットーなど
院長
先生 
かたぎり よしふみ
片桐 義文

日本外科学会専門医(指導医)
日本消化器外科学会専門医(指導医)・消化器がん治療認定医
日本腹部救急医学会 評議員・雑誌編集員
日本大腸肛門病学会 評議員・専門医(指導医)
日本内視鏡外科学会 技術認定医
日本肝胆膵外科学会 評議員・高度技能指導医
日本消化器病学会専門医(指導医)
日本臨床外科学会評議員
日本甲状腺外科学会評議員
日本小開腹・鏡視外科学会評議員

日本がん治療医認定機構暫定教育医

マンモグラフィー検診精度管理中央委員会マンモグラフィー読影医

日本医師会認定産業医

臨床研修指導医
医学博士

モットー
「患者様のために」
外科部長
先生 
しまもと つよし
島本 強

日本外科学会認定医・専門医(指導医)
日本消化器外科学会認定医・専門医(指導医)
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本臨床外科学会評議員

臨床研修指導医

医学博士

 

 
医長
まつとも まさすみ 
松友 将純 
日本外科学会専門医  
非常勤医師
はら あゆみ 
原 あゆみ